2種類のサプリメントを服用していて健康を維持、 

筆者自身は現在は2種類のサプリメントを服用していて、其のためか年齢と同時に健康を実感しています。 
以下は其の体験談になりますが、ごく最近会社の定年退職を迎え、今は家で静かに文筆活動をしていて、静かに暮らしています。 サラリーマンをしながら会社に通っているときには問題はなかったのですが、特に物を書いているときの直後に寝ようとすると脳が活性化していてナカナカ根付かれない時があるのです。 其のためにも柔らかい睡眠リズムサポートといわれる睡眠サプリを服用する時があり、此のときはなぜかぐっすりと快眠が出来るようになったのです。

それと、会社通いのときはそれなりに自然に歩行運動などはしていたようですが、家にこもってからは膝の筋力や関節が時折、痛みだすのを覚える時があり、そんなときには関節や軟骨に良いとされる成分を含むサプリを服用するようになったのです。 其のサプリというのは、近年、よくテレビのコマーシャル等で拝見するようになった健康食品があり、総じてこれらを機能性食品(サプリメント)と称しているようです。 例えばよく聞く機能性食品にグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸、それに大豆イソフラボン、アセロラ、クロレラ、コラーゲン、黒豆等が主成分とされる商品が多くあって枚挙にいとまがありません。

ところで、中高年者に必要な関節や軟骨の主要成分にグルコサミンやコンドロイチンがありますが、此れは微量栄養素ともされていてタンパク質のアミノ酸の一種ともされているようです。 特に、グルコサミンは年齢とともに体内から減少するとされ、年齢が増すほどに体内の量が減ってくるとされております。 
年を経ると肉体は減退の傾向にあり、様々な悪影響が出てきます。 其の一例が骨や軟骨等で、此れ等の物質は再生しにくいもとでもあります。 即ち、軟骨の成分が出来にくくなると、膝関節の痛みや腰痛を発症し安い状態になり、動作や行動範囲を狭めてしまう原因を作ってしまいます。 従って、年齢とともに関節炎の症状や痛みが出やすくなったと感じている人の多くに、グルコサミンの減少が関わっている可能性が高いともされているのです。

タイトルとURLをコピーしました